ぜひTwitterやFacebookで、多くのGLAYファンにシェアしていただければと思います。

エンターテイエンターテイナーHISASHIによるSOUL LOVEが素敵過ぎる件について

スポンサーリンク

ぜひTwitterやFacebookで、多くのGLAYファンにシェアしていただければと思います。

GLAYのHISASHIがこんなツイートをしたのは2月28日のことです。

「ようやく」の使い方間違ってるやろー!というツッコミはさておき、GLAYらしい又はHISASHIらしい策があることを匂わせています。

そしてこれ。


なぜか予定より早まって後悔されましたが、GLAY HISASHIによるSOUL LOVEの「弾いてみた」動画が後悔されました。

もうね、コレ楽しすぎるのですよ。

20年振りにHISASHIが弾いたイントロのハモりパートとその告白wちなみにイントロパートもビブラートのかけ方など多少アレンジがいつものライブバージョンとも違います。じっくり聞いてみましょう。

メインコンテンツでも有るようなAメロのアレンジ。

HISASHIのトリッキーなギターアレンジは、ボーカルには優しくないのです。ボーカルにとってはベースがしっかりしていてコード感がはっきりしてメロディーラインを置いやすい伴奏の方が歌いやすいのです。たとえばYes,summerdaysのAメロのHISASHIのギターはTERUにとって歌いづらく、TERUはHISASHIのギターをオフにしてレコーディングしたらしいですよ。

それにしてもこのギターがマジでエモい。TERUの声をイジったHISASHIの遊び心もどうでもよくなるほどwBメロも独自アレンジで素晴らしい。

サビ部分は「ギターが地味なので」とありますが、本来は全然地味ではないですよね。むしろSOUL LOVEヒットの要因でもあると思っていて、素晴らしくメロディックにボーカルを支えるギターです。そして「ハモってみた!」は迫力満点です。

ねむ~は面白すぎるので、ぜひ動画を見てねw

「ギター・ソロ HISASHI Ver.」も遊び心満点で最近のHISASHIっぽくない感じ。

そしてラスサビでのHISASHIのメッセージにしびれます。以下、引用。

音楽を愛する全ての人たちへ・・・

「今出来ることを考えよう」

そう思いこの動画を撮りました

短い動画ですが僕の考えはこう、

エンターテイメントの可能性を信じよう

今は耐え忍ぶ時期だけどまた必ず会える

それまではオンラインで繋がっていよう

そして・・・

DOMEで「SOUL LOVE」を歌おう!

また一つ目標が出来ました♪

令和2年3月1日 外村 尚

素晴らしいの一言です。とりあえず、DOMEでSOUL LOVEが演奏されるのは確定しましたw

スポンサーリンク

ぜひTwitterやFacebookで、多くのGLAYファンにシェアしていただければと思います。

記事の更新情報を受け取るために、次のボタンを押してフォローをしよう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。