ぜひTwitterやFacebookで、多くのGLAYファンにシェアしていただければと思います。

【祝】MUSIC LIFEが日本レコード協会のゴールドディスクに認定

スポンサーリンク

ぜひTwitterやFacebookで、多くのGLAYファンにシェアしていただければと思います。

日本レコード協会が認定するゴールドディスク。アルバムMUSIC LIFEがゴールド・ディスクに認定されました。

GLAYさん、おめでとうございます!!!!

パチパチパチパチ!

喜ばしいことながら、あまり多くのGLAYファンの方が知らないみたいです。(私も偶然知りました)

※追記(ゴールドディスク大賞じゃないよ)

この喜びを多くのGLAYファンに伝えるためにもTwitterで拡散しましょう! (←このリンクをクリックしても自動では投稿されませんのでご安心を)

まだMUSIC LIFEを聴いたことが無いあなた!GLAYオフィシャル通販サイトで試聴できますよー!

邦楽/アルバム <ゴールド>

タイトル アーティスト名 発売日 メーカー名
Best Always 大滝 詠一 2014/12/03 ソニー・ミュージックレーベルズ
Mai Kuraki BEST 151A
-LOVE & HOPE-
倉木 麻衣 2014/11/12 ビーイング
MUSIC LIFE GLAY 2014/11/05 ポニーキャニオン
VOCALIST 6 德永 英明 2015/01/21 ユニバーサル ミュージック

引用元:http://www.musicman-net.com/business/44352.html

ゴールドディスクとは?

日本レコード協会が出荷枚数に応じて認定し、日本ゴールドディスク大賞にて賞を授与している。
(以下の基準は2003年度以降)

  • ゴールド:10万枚
  • プラチナ:25万枚(50万枚はダブル・プラチナ、75万枚でトリプル・プラチナ)
  • ミリオンセラー:100万枚(以後2(ツー)ミリオンから上限の5(ファイブ)ミリオンまで、100万枚毎の認定)

ちなみにGLAYはゴールド・ディスクで数々の賞を受賞しています。

1998年 第12回日本ゴールドディスク大賞 アーティスト・オブ・ザ・イヤー  
第12回日本ゴールドディスク大賞 アルバム・オブ・ザ・イヤー アルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』
第12回日本ゴールドディスク大賞 ミュージックビデオ・オブ・ザ・イヤー ビデオ『HIT THE WORLD GLAY Arena Tour ’97 at Yoyogidaiichitaiikukan』
1999年 第13回日本ゴールドディスク大賞 アルバム・オブ・ザ・イヤー アルバム『pure soul』
第13回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー シングル「誘惑」
シングル「SOUL LOVE」
シングル「BE WITH YOU」
第13回日本ゴールドディスク大賞 ミュージックビデオ・オブ・ザ・イヤー ビデオ『“pure soul” TOUR ’98』
2000年 第14回日本ゴールドディスク大賞 ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー アルバム『HEAVY GAUGE』
第14回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー シングル「Winter,again」
シングル「ここではない、どこかへ」
第14回日本ゴールドディスク大賞 ミュージックビデオ・オブ・ザ・イヤー ビデオ『サバイバル』
2001年 第15回日本ゴールドディスク大賞 ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー アルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』
第15回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー シングル「とまどい/SPECIAL THANKS」
2003年 第17回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー シングル「Way of Difference」
2006年 第20回日本ゴールドディスク大賞 ソング・オブ・ザ・イヤー シングル「SCREAM」 (GLAY×EXILE)

Wikipediaより

2006年ぶりの入賞ということで、MUSIC LIFEの成功も非常に喜ばしいものがあります。本当に良いアルバムですものね!ぜひまだ聴いたことのない方にも聴いていただいて、良さを伝えていきたいですね。

こちらはどうやら誤りな様で、2006年以来受賞が無いのは「○○オブ・ザ・イヤー」で、アルバムやシングル単体でのゴールドやプラチナの認定はあるみたいです。

個人的にはMUSIC LIFEはプラチナやミリオン、そしてアルバム・オブ・ザ・イヤーを狙える作品だと思いますので、今後も盛り上がっていってほしいです。

GLAYの皆さん、賞にこだわりがあるようには思いませんが、ファンとしてはGLAYが賞を受賞するのは嬉しいものです。これからも頑張って下さい!

GLAYLIFEの記事を検索してみましょう!

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
スポンサーリンク
1st 1st

ぜひTwitterやFacebookで、多くのGLAYファンにシェアしていただければと思います。

記事の更新情報を受け取るために、次のボタンを押してフォローをしよう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。